院長ブログ

2014年1月27日 月曜日

アドレナル・ファティーグ

本間良子先生、本間龍介先生によるアドレナル・ファティーグ総論セミナーに参加しました。

本間夫妻は、アドレナル・ファティーグの提唱者であるJames L Wilson博士に師事し、Wilson博士の著書を翻訳して日本に紹介された先生です。医者も知らないアドレナル・ファティーグというタイトルで、アンチエイジングに携わる医師の間ではよく知られている本です。昨年末には、しつこい疲れは副腎疲労が原因だった(祥伝社黄金文庫)という、アドレナルファティーグに関する著書を出版されました。

本間先生(夫妻)は,医学的な根拠だけではなく、ご自身がアドレナルファティーグで悩まれた体験をもとに治療にあたられており、患者様と向き合う真摯な姿勢が印象的でした。

私たちは、ストレスに出会うと、副腎から、抗ストレスホルモンであるコルチゾールやDHEAというホルモンが分泌され、ストレスに対処します。ストレスが過剰になると、コルチゾールの分泌が増えてDHEAの分泌が減ります。さらにストレスが続くと、コルチゾールまでも分泌できなくなり、慢性的な疲労・疲労感に陥ってしまいます。これをアドレナル・ファティーグ(副腎疲労症候群)といいます。ひどい場合は、ベッドから起き上がることもできなくなります。まじめでがんばりすぎの人がなりやすく、一般的な検査では異常が認められないため、いろいろな医療機関を受診しても診断がつかず、単なるなまけ病と言われたり、うつ病の薬を処方されたりすることも多いようです。

診断には、唾液検査を用い、1日4回唾液を採取して,コルチゾールとDHEAの変動を見ます。
治療は、生活習慣の改善、サプリメントによる腸の働きや栄養状態の改善、デトックスが主体になります。
具体的に治療法を決定するには、有害金属の検査(尿または毛髪)、遅延型フードアレルギー検査(血液)、有機酸検査(尿)などの検査が必要になります。これらの検査は、当院でも行っております。

九州でも、このような患者様に対応できますように、しっかりと勉強を続けていきたいと思います。



院内風景

博多駅から10分、JR新幹線博多南駅前の日本抗加齢医学会認定医療施設、中島こうやクリニックです。このたび皆様にもっとアンチエイジング医療について知っていただきたいと思い、アンチエイジングの専門サイトを立ち上げさせていただきました。アンチエイジングのために何か始めたいとお考えの方は一度ご来院ください。

福岡アンチエイジングNAVI 監修:中島こうやクリニック ご予約お問合せはコチラ 092-954-1611 [診療時間] 9:00~12:30 14:00~19:00 ※水曜日と土曜日は13時までの診療となります。
医院へのアクセスMAPはこちら
メールでの問い合わせはこちら
診療時間
  9:00~12:30
14:00~19:00

※水曜日・土曜日は13時までの診療となります

※水曜日の午後は自費で予約の方のみの診療となります

  • ホルモン補充療法
  • キレーション療法
  • 高濃度ビタミンC点滴療法
  • マイヤーズ・カクテル点滴療法
  • アンチエイジングダイエット


大きな地図で見る

福岡県筑紫郡那珂川町中原2-127
博多南駅前医療ビル2F

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ