院長ブログ

2014年5月 6日 火曜日

Let It Go

ディズニーのLet it go が大人気です。
最近、しばしばニュースに取り上げられ、社会現象になっているようです。

僕にしてみれば、Let itの次に来るのは、当然、be (Let it be:ビートルズ )かbleed(Let it bleed:ローリングストーンズ )に決まってますが、これからは、Let it......と言えばLet it goになってしまうのでしょうか.........?

Let it goは「ありのままで」、Let it beは「なるがままに」と訳されています。松たか子の歌詞を見る限りでは、Let it goの方が、自分を肯定して前に進もうという積極的な「ありのまま」のようです。
Let it go、Let it beとくれば、天才バカボンのパパの「これでいいのだ」も忘れてはなりません。Let it go や Let it be が自分の人生に対する肯定であるのに対し、これでいいのだは、世の中すべてに対する、もっと大きな肯定です。バカボンのパパが、Let it go のメロディーで、これで~♪ いいのだ~♪ と歌っている姿が目に浮かびます(^_^)♪

人生を肯定的にとらえること、すなわち「ポジティブ思考」は、「Happy people live longer」とともにアンチエイジングのキーワードの一つです。
同じ現実を、ポジティブに受け入れるか、ネガティブに受け入れるかが、「Happy」になれるかなれないかの分かれ目です。

ありのままを「ポジティブ」に受け入れることが大切です。
ポジティブに考えると、ありのまま以上の幸せが訪れるでしょう。

「ポジティブ思考」ができるかできないかは、生まれ持った遺伝子、育ってきた環境、栄養・有害物質の蓄積・腸内環境などが関係していると思われますが、ポジティブ思考を実践するにはスキルがあります。
最近出版された、書道家 武田双雲 氏による著書「ポジティブの教科書(主婦の友社)」には、具体的なスキルが分かりやすく書いてあり、お勧めです。

幸せになる3つの簡単な基本
1. 幸せを与えること。
2. 幸せであることに「気づくこと」。
3. 幸せな言葉を発し、幸せな態度をとること

人生を変える11の法則
① 感謝 ②とらえ方 ③人間関係 ④不安 ⑤苛々 ⑥行動 ⑦ヴィジョン ⑧言葉 ⑨気づく ⑩上機嫌 ⑪与える

ポジティブに考えようと言うのは簡単です。
どうすればポジティブに考えられるか、実際のスキルまで、提案、指導ができるようになりたいと思います。






院内風景

博多駅から10分、JR新幹線博多南駅前の日本抗加齢医学会認定医療施設、中島こうやクリニックです。このたび皆様にもっとアンチエイジング医療について知っていただきたいと思い、アンチエイジングの専門サイトを立ち上げさせていただきました。アンチエイジングのために何か始めたいとお考えの方は一度ご来院ください。

福岡アンチエイジングNAVI 監修:中島こうやクリニック ご予約お問合せはコチラ 092-954-1611 [診療時間] 9:00~12:30 14:00~19:00 ※水曜日と土曜日は13時までの診療となります。
医院へのアクセスMAPはこちら
メールでの問い合わせはこちら
診療時間
  9:00~12:30
14:00~19:00

※水曜日・土曜日は13時までの診療となります

※水曜日の午後は自費で予約の方のみの診療となります

  • ホルモン補充療法
  • キレーション療法
  • 高濃度ビタミンC点滴療法
  • マイヤーズ・カクテル点滴療法
  • アンチエイジングダイエット


大きな地図で見る

福岡県筑紫郡那珂川町中原2-127
博多南駅前医療ビル2F

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ